岡山弁護士会員の小倉法律事務所では、相続問題・離婚・刑事事件・交通事故など様々な問題を扱っています
岡山弁護士会員の小倉法律事務所
HOME | アクセス | 業務時間 | お問合せ 
 
 

現在、小倉法律事務所では離婚にともなうトラブルをいくつもかかえております。
離婚原因もさまざまで、依頼人の要求もさまざまです。
離婚の原因としては、最近DV(ドメスティックバイオレンス)も多くなりましたが、女性から男性への三行半も増えてきました。

法律上
@配偶者の不貞行為(いわゆる浮気)

A悪意の遺棄(夫婦の共同生活が維持できなくなることを知りながら、勝手に出て行くこと)
  *それでもかまわないという意志がある、と言う場合です

B配偶者の3年以上の生死不明(3年以上生存または死亡の証明がたたないとき)
  *3年の起算点はふつう、最後に音信のあったときです
    所在が不明でも、生存が確認されるときには「生死不明」とはいいません

C配偶者の回復の見込みのない精神病
  *夫婦の協力扶助の義務を維持・継続するに耐えない程度の精神障害をいいます

Dその他婚姻を継続しがたい重大な事由(性格の不一致、暴力、性交渉がないなど)

の5つがあります。

離婚の相談にみえた場合、お話を伺いながらこの5つに該当するかどうか検討します。
また、ご夫婦に財産があれば、財産分与の請求が出来ます。
お子さんがいらっしゃれば親権の問題や、養育料の問題も出てくるでしょう。
最近テレビなどで慰謝料という言葉がよく出てきますが、離婚するのに必ず慰謝料が発生するかどうかは限りません。離婚の理由によりますので、必ず、弁護士などの専門家に聞いてみて下さい。


ちょっとチェックしてみませんか?

感情的にならずに冷静に判断してみましょう

話し合い  できる 0点
人を介してできる     1点
ぜんぜんできない 2点
生活費  渡す 0点
たまに/少し渡す 1点
ぜんぜん渡さない 2点
性生活  続いている 0点
たまにある 1点
ぜんぜんなし 2点
別居期間  していない 0点
3ヶ月未満 1点
3ヶ月以上 2点
子供の数  3人以上 0点
1〜2人 1点
なし 2点

0から4点ならまだまだやり直せる可能性はあります

5から7点は微妙なところですね

8点以上になると絶望的に近く離婚の方向で考えたほうがよいかもしれません


結婚・親子に関するQ&A→→


ご相談は岡山弁護士会員の小倉法律事務所まで
Copyright(C): 2005 Ogura Law Office Allright reserved.