岡山弁護士会員の小倉法律事務所では、相続問題・離婚・刑事事件・交通事故など様々な問題を扱っています
岡山弁護士会員の小倉法律事務所
HOME | アクセス | 業務時間 | お問合せ 
 弁護士のトラブル解決方法とは

「弁護士=裁判」、と思われる方も多いと思います。

しかし実際には、当事者同士の間に入って解決を図るなど

いろいろな問題解決方法があるのです。


 
    示談交渉

 
     当事者同士での話し合いでは解決できなかった場合や当事者同士では
 
     話し合いにすらならなかった場合、依頼者の代理人となって相手と交渉し、
 
     解決しようとすることです。
 
     裁判には持ち込まず、トラブルを解決したい場合にすると良いでしょう。
 
                       
   *相手にも弁護士が代理人としてつくこともあります
 

 
    調停

 
 
    裁判所に申し立てて、いわゆる「話し合い」をすることです。
 
     相手との話し合いができる可能性がある場合には、

     この手続きにすると良いでしょう。
 
     弁護士は、代理人として依頼者に有利になるよう話し合いをすすめます。
 
     話し合いなので、まとまらず訴訟へと進むこともあります。
 
 
    訴訟

 
  
   法廷で、当事者がお互いの言い分を主張し、裁判官が内容を聞き
 
     判決を出すことでトラブルを解決する手続きのことです。
 
     当事者同士の言い分が違ったり、話し合いでの解決が難しい時には
 
     この手続きにすると良いでしょう。
 
上記3つの方法があります。
 
どの方法を取るのかは、弁護士と依頼者の話し合いで決まります。




ご相談は岡山弁護士会員の小倉法律事務所まで
Copyright(C): 2005 Ogura Law Office Allright reserved.