岡山弁護士会員の小倉法律事務所では、相続問題・離婚・刑事事件・交通事故など様々な問題を扱っています
岡山弁護士会員の小倉法律事務所
HOME | アクセス | 業務時間 | お問合せ 


  任意整理

 
  任意整理は、自己破産するほどではないという人のための借金整理法方です。

  サラ金との交渉で借金を減額した上で、返済していきます。
 

 任意整理とは

 
任意整理とは、サラ金などと交渉して借金の額や月々の返済額、返済期間などを新しく決め、

合意した条件に従って借金を返済していく方法です。

任意整理は、借金度が中くらいの人の場合に利用されます。

つまり、住宅ローン以外の借金をだいたい3年で返済できる見込みのある人が対象になってきます。

この方法は
裁判所に申立をすることなく、借金の整理をするのです。

任意整理は、一般的に
弁護士に依頼して行います。

 
その場合の手続きは
  
  @弁護士がサラ金などへ「受任通知」を送付する
 
  Aサラ金などから取引経過を教えてもらう
 
  B利息制限法にもとづく引きなおし計算を行う
 
  C和解案の提示
 
  D和解成立
 
  E返済開始
  
という流れになります。
 
利息制限法にもとづく引きなおし計算をおこない、現時点での借金の残額(元本)を確定します。

利息制限法を越えて払いすぎていた利息を計算し、それを元本の返済にあてるのです。

そして、それまでの返済の遅れなどについての遅延損害金や、将来の利息をカットしてもらいます。

つまり、

元本の残額だけを月々返済することにしてもらうのです。



 弁護士受任通知の威力


任意整理を受任した場合、弁護士は
受任通知をサラ金などに送付します。

「●●氏の任意整理を受任いたしました。今後は本人及び家族に直接取立てをしないようにして下さい。

また、不明な点もございますので、一番初めにお金を貸したときから、最後にお金を貸したり、

返してもらった日までの取引経過を提出して下さい」といった内容です。



この通知を受け取ったサラ金などは、その後本人に直接請求することが出来なくなります。

電話も郵便、電報も出来ません。これは決まりごとです。

ですから、弁護士に依頼すると
サラ金などからの厳しい取立てがやみ、普通の日常生活が送れるようになるのです。

ここが弁護士に依頼する大きなメリットでしょう。





ご相談は岡山弁護士会員の小倉法律事務所まで
Copyright(C): 2005 Ogura Law Office Allright reserved.