岡山弁護士会員の小倉法律事務所では、相続問題・離婚・刑事事件・交通事故など様々な問題を扱っています
岡山弁護士会員の小倉法律事務所
HOME | アクセス | 業務時間 | お問合せ 


  費用について

 法律相談

名  目 金 額 等 内 容
相談料 1回 5,250円(税込み)
書面による鑑定 10万円から20万円以下
*何時に見えても金額は変りません。
お電話にてご予約の上、お気軽にご相談にいらしてください


 弁護士へ依頼した場合の費用内容と支払い時期

名 目 内 容
相談料 法律相談をしたとき (相談終了してから)
着手金 (ちゃくしゅきん) 示談の交渉・調停・訴訟などの事件または法律事務を依頼したとき
報酬金 (ほうしゅうきん) 依頼した事件などが終了し、依頼人に利益があったとき
手数料 (てすうりょう) 1回程度で終了するような簡単な事務処理を依頼したとき
顧問料 (こもんりょう) 顧問契約で定められた時
日 当 事務処理のため出張した場合に、狭義により定められたとき
実 費 事件処理に必要な実費で、協議により定められたとき
交通費 事件処理及び裁判等で交通機関を使用したとき


 手数料

名 目 金 額 等 内 容
法律関係の調査 5万円以上10万円以下
契約書等の作成 経済的利益の額に応じて(10万円以上)
内容証明郵便作成 3万円(内容により加算の場合あり)
遺言書作成 定型 15万円
非定型 経済的利益に応じて
簡単な家事審判 10万円
即決和解 経済的利益に応じて


 離婚事件

名 目 事 件 内 容 金  額
着手金・報酬金 調停または交渉 各21万円から31万5,000円
着手金・報酬金 訴訟事件 各21万円から42万円

財産分与や慰謝料、また養育料等を請求する場合にはかわってきますので、
弁護士にお尋ねくください。
また、調停から引き続き訴訟を依頼する場合には、
訴訟事件の着手金は21万円になります。


 個人破産
21万円以上31万5000円以下(申立時の郵便切手代金・印紙代金および予納金含めて)


 刑事事件

事 件 着 手 金 報 酬 金
起訴前の事件 21万円から31万5,000円 31万5,000円以上(不起訴等の場合)
起訴後の事件 21万円から31万5,000円 無罪 42万円以上
執行猶予 31万5,000円
刑の軽減 程度に応じて相当額


 少年事件

名 目 金 額 等 内 容
着手金 21万円から31万5,000円
報酬金 不処分等 31万5,000円
保護観察処分等 31万5,000円


 訴訟事件
着手金・・・・事件の対象となっている経済的利益の額(請求額)を基準にして計算します
報酬金・・・・事件の成功により依頼者が受けた経済的利益の額(利得額)を基準にして計算します

経 済 的 利 益 の 額 着 手 金 報 酬 金
300万円以下の場合 8% 12%
300万円超から3000万円以下の場合 5%+9万円 10%+6万円
3000万円超から3億円以下の場合 3%+69万円 6%+126万円
3億円超の場合 2%+369万円 4%+726万円

*経済的利益の額を算定できないときは、その額を800万円とします。
 また、消費税が別途かかります。
*事件の内容により、それぞれ30%の範囲内で増減額することが出来ますので、
 弁護士に一声おかけ下さい。


 調停・示談折衝事件
*着手金・報酬金は訴訟事件と同じ方式により算出します。
ただし、着手金・報酬の額を3分の2まで減額できます。 


 顧問料

該 当 者 金 額
事業者 月額2万1,000円以上
非事業者(個人) 月額5,250円以上


上記の金額はあくまで標準です。
お客様それぞれの内容がございますので、気になった点はお気軽に弁護士にお尋ね下さい。


ご相談は岡山弁護士会員の小倉法律事務所まで
Copyright(C): 2005 Ogura Law Office Allright reserved.