岡山弁護士会員の小倉法律事務所では、相続問題・離婚・刑事事件・交通事故など様々な問題を扱っています
岡山弁護士会員の小倉法律事務所
HOME | アクセス | 業務時間 | お問合せ 



相続廃除を受けた相続人の子どもに
相続権はあるか

私の夫は義父(夫の父)と折り合いが悪く、
ついに相続権を廃除されてしまいました。
私たち夫婦は義父の遺産をまったくもらうことができないのでしょうか。
私たち夫婦には子どもがおり、義父の財産を当てにしていただけに
全くもらうことができなければ、正直つらいのですが・・・
相続廃除を受けてしまっては、相続する権利を全く失ってしまうことになります。
相続範囲の最低保証分である遺留分(いりゅうぶん)の権利も
なくなってしまいます。
しかも、ご主人のお父様の遺産の話ですから
奥さんにはもともと相続権はありません。
しかしご安心ください。
あなたたちご夫婦間のお子様は義父様からすればお孫さんにあたります。
そのお孫さんが代襲相続をすることは可能です。


相続人廃除とは
子どもが親を虐待する、重大な侮辱を加えた等、
いちじるしい非行があったという場合に行えます。
相続人廃除をするには必ず、家庭裁判所に申し立てをし
調停または審判を受けなければなりません。
また、遺言書でも相続人を廃除することはできますが、
この場合も遺言執行者が裁判所に
請求して審判を受けなければなりません。
遺言書で廃除する場合も相当な理由がなければなりません。



ご相談は岡山弁護士会員の小倉法律事務所まで
Copyright(C): 2005 Ogura Law Office Allright reserved.