岡山弁護士会員の小倉法律事務所では、相続問題・離婚・刑事事件・交通事故など様々な問題を扱っています
岡山弁護士会員の小倉法律事務所
HOME | アクセス | 業務時間 | お問合せ 

配偶者の税額軽減の特例とは
配偶者とは被相続人(お亡くなりになった方)の夫または妻のことです。
この配偶者は相続に関してはとても優遇されていることをご存知でしょうか?
配偶者が法定相続分まで相続した場合、納税額は「ゼロ」になりますし、
取得財産価格が1億6000万円までは無税とされているのです。
法定相続分とは
 絵を使って説明していきましょう。

配偶者と子どもが相続人の場合
@配偶者1人と子ども1人の場合
配偶者

2分の1
子ども

2分の1
A配偶者1人と子ども2人の場合
配偶者

2分の1
長男

2分の1×2分の1
=4分の1

長女

2分の1×2分の1
=4分の1

たとえば、上の関係で言えば、ご主人が1000万円の遺産を残して亡くなった場合、

配偶者1人と子供1人の時には、500万円ずつになります。

配偶者1人と子供2人のときは、配偶者が500万円で、
子ども1人につき250万円ずつという配分になるのです。
子どもの中でも、非嫡出子(結婚外に生まれた子どものこと)は
子どもの法定相続分のさらに2分の1になります。

この3分の1などの記載部分が法定相続分と言われるものです。


配偶者と父母が相続人の場合
配偶者

3分の2
夫の母

3分の1
配偶者と夫の母の場合は、1200万円の遺産があったとすると、
配偶者が800万円、夫の母には400万円の配分です。

配偶者と被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合
配偶者

4分の3
被相続人の兄

4分の1
 
配偶者と夫の兄の場合は、同じく1200万円の遺産があったとすると、
  配偶者が900万円、兄には300万円の配分になります。



ご相談は岡山弁護士会員の小倉法律事務所まで
Copyright(C): 2005 Ogura Law Office Allright reserved.